転職活動

企業目線で転職エージェントと転職サイトの違いを解説します

本稿では、タイトルの通り、求人をかける企業側の目線で、転職エージェントと転職サイトの違いを分析していきます。サービスの違いが取り扱い案件の違いになって表れるため、転職をお考えの求職者の皆さんは、希望するお仕事内容や会社に合わせてどのサービスを利用するか検討してください。

これは私の自論ですが、両方とも上手く活用する方がマッチングの可能性は高まると思います。

gin
自己紹介が遅れました。ginと申します。人材業界に累計10年間在籍し、且つ会社を4回変わっている経験を基に本質的なキャリアのアドバイスをしています。エージェントサービスのレビューも今後投稿していきます。

こんな方におすすめ

  • 現職で色々あってモヤモヤしている方
  • 転職を現在検討されている方
  • 自分のキャリアの棚卸含めて、幅広く情報収集をしている方

それでは、エージェントとサイト違いを紐解きながら、どのように転職活動を進めればよいか一緒に考えていきましょう。

企業目線で見る 転職エージェントと転職サイトの違い

 

まずそれぞれのサービスの特徴を整理していきましょう。

【転職エージェント】は期間保障をしないため、いつ良い人材に出会えるかわからないのがリスクです。ただし、エージェントが中間にはいるため、応募数のコントロールなどマッチングの精度を上げてくれます。企業側も専門性があり、採用の難易度が高いものはエージェントに頼みやすいです。

【転職サイト】は期間を保証する純広告です。企業は未経験でもよいので、早く人が欲しい場合は転職サイトに掲載するケースが多いです。転職サイト側の営業マンは「この求人未経験でも大丈夫ですか?」と企業に確認することはしばしばあります。

上記のような思惑ありきで、案件がどこに集まってくるか決まってきます。

また、各サービスにもそれぞれ特徴があります。

転職エージェント

エージェントの多くは非公開求人を扱います。彼らしか持っていない求人案件が沢山あります。理由は、応募数をコントロールしてマッチング精度を上げるためです。

エージェントの職域は大きく分けて、法人担当(RA)と個人担当(CA)を分業で行うか、両方を1人で担当するかで分かれます。

リクルートエージェントは、法人営業担当(RA)とキャリアアドバーザー担当(CA)を分業で行っています。そのため、求職者へのフォローが丁寧で、レスポンスも早いです。

CAと相性が良いとリクルートエージェント以外のアドバイスももらえることもあります。私も博報堂DIYメディアパートナーズを自己応募で受検した際に、面接でのアドバイスを個人的にもらったこともあります。人によりますが、知識経験が各エージェントのなかで一番深い印象を持っています。

ゲキサポは通常のエージェントがやらない自己分析からサポートに入ってくれいます。週に1回、専属トレーナーとビデオ会議、または通話で60分間のキャリアトレーニングを受けることができます。 一人では難しい自己分析や面接対策、業界研究を、マンツーマンのキャリアアドバイザーがビデオチャットで対応可能です。初めての転職で不安がある場合は、迷わず登録することをおすすめします。

JACリクルートメントは管理・専門職、ミドル・ハイクラス向けの高年収層に特化した転職エージェントです。

20代後半~50代前半の年収600万以上の転職をターゲットに管理部門(経理、人事、総務等)や営業職、業界スペシャリストやエンジニアなど幅広い案件を保有しています。

エージェント担当者もバリバリ働いている方が多い印象です。自分自身のスキルの棚卸や自己分析がはっきりしている場合はJACリクルートメントを利用するとスムーズからもしれません。

 

転職サイト

転職サイトの場合は、仕事選びから応募書類の作成、日程調整などはすべて自分で行うため、マイペースに転職活動を進めることができます。

中でも求人数は約9,000*です。のリクナビNEXTは国内最大級のサイトです。昔からホワイトカラー向け、やや経験者向けのサイト傾向があります。

転職サイトのメリットは自分のペースでできることです。急ぎ転職活動しないにせよ、市場のリサーチをするため登録だけすることもおすすめします。

まとめ

企業目線で転職エージェントと転職サイトを比較した場合

【転職エージェント】は期間保障をしないため、いつ良い人材に出会えるかわからないのがリスク。ただし、エージェントが中間にはいるため、応募数のコントロールなどマッチングの精度を上げてくれる面があります。求職者の目線に置き換えると自身が思ってもいなかった案件で高いマッチングがある仕事が見つかる可能性があります。

【転職サイト】は期間を保証する純広告です。企業は未経験でもよいので、早く人が欲しい場合は転職サイトに掲載することが多いです。転職者目線に置き換えると早く仕事を見つけたい方は利用する価値があります。ただし、急ぎではない方も自分のペースで検索ができるため、どんな求人があるのか市場調査のために登録するのもアリです。

本稿では、ざっと転職エージェントと転職サイトの違いを解説しました。次回は各サービスのレビューなどを投稿したいと思います。

それでは、また会いましょう。

 

この度「にほんブログ村」に居住を開始しました。生活水準(ランキング)を上げるために本ブログを読んでいただいた証として、以下のバナーをクリックだけお願いします(クリック以外は何もしなくて大丈夫です)。

にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

gin&Co.

西のライター。広告と教育研修に携わり今に至る。自身の経験から「キャリアと転機」「仕事とスキル」「くらしと生活」のテーマが得意。過去にフィールドセールスとして年間3万件の飛び込み営業をした経験がある。そのサバイバル経験から仕事とはどうあるべきか…身近で本質的なスキルを発信する。酔うと他人におごる癖があり、翌朝はドキドキが止まらない。

-転職活動
-,

© 2021 C.